Orangebomb

目が見えない状態を想定したUI設計

視覚がない、弱い人はどのようにサイトを利用しているのか、使っているのはどんなインターフェイスなのか。ずっと気になっていたというのもあり、「目が見えない状態を想定したUI設計」という内容で、主催した勉強会 Design Casual Talks #1 で発表をしました。

インターフェイスとは目で見えるものだけではなく、音声だけで構成されるインターフェイスもある。では僕らがページを作るとき、具体的にどうすればいいのか?

目が見えない状態を想定したUI設計 from Keita Kawamoto

出典・参考文献

すべて2016年9月時点(スライド作成時)の情報を参考にしました。

まとめ終えて

イベントを前に、とにかくアクセシビリティに関する多くの情報を得たくて、コーディングWebアクセシビリティを購入しチェックしました。買ってよかった。

スクリーンリーダーをどのように使っているのか、WAI-ARIAの具体的な実装はどのように進んでいくのか、まだまだわかっていないので今後も調査・学習を続けていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加